ロードバイク 初心者

ロードバイクを通販で安全に買うなら男STYLE+へ

ロードバイクと言えば、自転車のハンドルがU字に丸まったフォルムになっており、走行中のスピード感や爽快感が魅力です。自転車本体が軽くて、空気抵抗も少ない姿勢で走る為、快適な走行を実現しています。ここでは、初心者やロードレーサーに人気のDEEPER(ディーパー)のロードバイクについて色々ご紹介します。

DEEPERのロードバイクの基礎知識について

そもそもロードバイクとは?

ロードバイクは、舗装された道路でもスピードを出して走る事ができるように設計されたスポーツタイプの自転車になります。自転車競技であるロードレースで使用されている自転車で、ロードバイクに乗っている人の事をロードレーサーと言います。このように、タイムを競うレースや長距離走行を目的に造られているので、重量にも走行感にも軽さがある事が大きな特徴です。軽くて走行性能を高めた設計のロードバイクフレームは、ただ軽量になっているだけでは無く、より速く長時間を快適に走行できるよう、空気抵抗や振動吸収性と言うような、自転車機能の様々な要素を計算して設計されています。
人力ではロードバイク最速の乗り物と言われており、最大の人気はやはりその速さにあると言えます。初心者であっても約20㎞〜30㎞程度、プロの場合では大体平均速度40㎞以上で、街を走行する事が可能です。また、ロードバイクは運動効率を最大限に引き出してくれる造りになっている為、100㎞を超える長距離走行にも向いている自転車になります。

DEEPERのロードバイクの活躍シーンとは?

最近では、ロングライドやヒルクライム、仲間とレースに参加、サイクリングやポタリング、自転車通勤等と言うように、ロードバイクの幅広い楽しみ方ができるようになっています。通勤や通学等の普段の日常生活の中でもカジュアルに乗る人が増えてきた事が、様々なシーンでの活躍が広がった要因になっています。他にも、素材やカラーも豊富にあるので、ロードバイクの外見にも少しこだわって、自分だけのロードバイクを造り上げる事も楽しみの一つとして挙げられます。

ロードバイク 初心者

フレーム素材に使われる主な素材の特徴とは?

CARBON(カーボン)
CARBONは、軽量で尚且つ高振動吸収性が特徴です。このCARBON素材でできたフレームがロードバイクに使用されています。現在CARBONは、最もスポーツバイク素材として最適とされています。
ALUMINUM(アルミニウム)
ALUMINUMは、CARBONフレームには及びませんが、素材自体が軽量である事が特徴です。
価格帯も手頃であるので、初めてロードバイクに乗る方には大変お勧めです。

DEEPERのロードバイクが初心者に人気の理由とは?

皆さんは、何故DEEPER(ディーパー)のロードバイクが初心者に人気があるか、その理由を存知でしょうか。通常、ロードバイクを購入しようと思うと、極端な話になりますが10万円や20万円程する自転車が殆どです。しかし、DEEPERのロードバイクは初心者の方でもお求めやすい、リーズナブル価格でロードバイクを販売しています。値段は約25,000円程度、ネットショップランキングでも上位を占めており、購入者からも高評価で、人気のロードバイクとして大きく認知度を広げている自転車です。

DEEPERのロードバイクの性能について

ロードバイク全体の基本の作り

DEEPER(ディーパー)のロードバイクのフレームは、480のワンサイズのみとなっており重量は14kgとなっています。素材フレームはスチールでリムがアルミになっています。ちなみに、フレームスチールと言うのは、ママチャリと基本的に同じ素材となっており、リムについてはアルミリムであっても高性能性なロードバイク用リムもあり、DEEPERのロードバイクも同様です。

ロードバイク 初心者

安心のシマノパーツ

DEEPERのロードバイクの自転車部品は、全てシマノパーツ製の部品で造られています。シマノはスポーツ自転車向け部品において全体の9割程度の世界シェアを誇っている大手有名自転車部品メーカーです。変速機付き自転車でもシマノパーツは約7割を占めており、競合メーカーを大きく引き離して自転車業界では活躍しているメーカーです。
また、シマノパーツのシェアの高さは海外でも飛躍している程人気があります。自転車文化が根付いている欧州では、高価格の自転車がどんどん売れているのですが、その自転車もシマノ製が人気を博している等、日米欧で販売されている自転車は殆どシマノ製品が採用されています。さらに、俗にママチャリと呼ばれる軽快車分野においても、先程も述べたように変速機付き車種であれば、その殆どはシマノ製品が採用されていると言っても過言ではありません。シマノパーツは、自転車中枢部品を一手に担っており、自転車業界のインテルの異名をもっています。
DEEPERのロードバイクのリアスプロケットには、最新テクノロジーと斬新なアイデアが盛り込まれており、プロライダーから受けたフィードバックを基に生み出されたシマノパーツを採用しています。

DEEPERのロードバイクの良さについて

自転車タイヤが細く走行感が軽い
初めてDEEPERのロードバイクを見た方が驚くのは、自転車タイヤの細さです。 細いタイヤと言うのは、路面の抵抗感を軽減させて、踏み出し時の軽さと高速走行を可能にしています。自転車自体のタイヤ空気圧も高い為、タイヤがパンクする事も意外と少ない事が嬉しいポイントです。
走行中も疲れにくいドロップハンドル
ロードバイク 初心者

DEEPERのロードバイクの外見でもう一つインパクトとして挙げられるのが、特徴のあるハンドル形状です。ロードバイクのハンドルは、ドロップハンドルと言うのですが、走行車がハンドルを持つ場所によって、乗車姿勢を変える事ができるように設計されています。ロードバイク走行に少し慣れてくると、走行中に姿勢を変える事ができてくるので、路面状況、体力、風の強さ等、様々な変化にも対応する事ができます。なので、長時間ロードバイクで走行しても疲れにくく、今まで以上に遠くまで快適走行できます。

自分の体に合ったフレームサイズ選択が可能
ロードバイクは何と言っても、気持ちよく街を走行する為の自転車です。なので、自分の体に合わせた最適サイズが選択できる事も大きな特徴に挙げられます。例えば、自分が購入したロードバイクが大き過ぎても小さ過ぎても扱いにくいものです。自分が快適に気持ちよく走行できる事が大切です。DEEPERのロードバイクは、身長や手脚の長さや使用用途等を総合的に判断した上で、自分に合うサイズ調節ができるのも良い所です。

DEEPERのロードバイクの楽しさについて

 自然の風を感じる疾走感や爽快感
ロードバイク

DEEPER(ディーパー)のロードバイクで街を走行すると、何とも言いがたい爽快な走りとスピード感を体験する事ができます。 自分が想像している以上に、ロードバイク走行では簡単にスピードに乗って走る事ができます。なので、どこまででも、いつまでも走っていたい、そんな清々しい気持ちで楽しんで乗る事ができます。 自然の風を切って走る疾走感や爽快感は、通常の自転車では感じる事ができない感覚で病みつきになります。

 外出すればそこが楽しめるフィールドになる
DEEPERのロードバイクは、舗装路を走って楽しむものです。なので、ゴルフ、スキー、スノーボード等とは異なり、家を出ればその場が直ぐに楽しめるフィールドになる為、気軽に楽しむ事ができるのも魅力の一つです。
 長距離を自転車で走る事ができる
DEEPER(ディーパー)のロードバイクに乗り慣れてくると、徐々に自転車での走行距離や走行時間を長めて乗れるようになってきます。なので、今まで車でしか通った事が無かった峠道や海沿いの道まで、色々と足を伸ばして走行ドライブを楽しむ事ができます。今までの自転車走行とは全く違う景色をロードバイクでは楽しむ事ができます。また、ロングライドは自分の力で到達した達成感が気持ち良く感じられます。

まとめ

DEEPER(ディーパー)のロードバイクで走り始めると、直ぐに今までのママチャリとは違う、自転車の軽さや速さに感動を覚える方が沢山います。不思議と乗っているだけで楽しい、そう思えるのがDEEPERのロードバイクです。普段は、電車や車でしか行けなかった場所にも、DEEPERのロードバイクがあれば、自分の足でたどり着く事ができる喜びもあります。また、そこで見る朝日、木、山と言った素晴らしい景色、食べる絶品グルメ等、ロードバイクは自分の生活に極上の達成感と喜びを与えてくれるアイテムでもあるのです。是非、自転車購入を検討されている方は、DEEPERのロードバイクをお試ししてみて下さいね。


ロードバイク 初心者初心者にもおすすめ!30,000円以下で買えるロードバイク